膝の痛いときはテーピングしとけばホントに大丈夫?|姫路市まつざき整体院

こんにちは。姫路市香寺町にあります。

腰痛、肩こり、膝の痛み、骨盤矯正、スポーツ整体、ダイエットに強い、根本改善まつざき整体院です。

 

 

「膝が痛い場合、テーピングやサポーターで固定して安静にするのがいいのか、痛みを多少我慢してでも症状を改善するために運動した方がいいのか、どっち?」

 

 

このようなご相談をいただきました。

 

 

まず、膝の状態にもよりますが捻挫などの炎症がある場合ある場合はアイシング(冷やす)+固定(安静)が必要です。

 

 

慢性的な膝の痛みの場合、ある程度の運動も必要となってきます。

 

 

運動といってもランニングや機械を使ったトレーニングではなく、ストレッチや器具を使わないソフトなトレーニングが必要です。

 

膝の状態が悪くなって来ると、膝は伸びきらなくなって来ます。

これは高い確率で、当てはまります。

 

 

使いすぎて症状がある場合は、熱を持ったり押して痛みがあったりと触診で判断できることが多々ありますので、まずは診断と最初の判断が大切です。

 

 

テーピングやサポーターは筋肉の代わりをしてくれます。

 

炎症がない状態で、固定をして安静にしておくと筋肉が弱くなり痛みを余計に引き起こすことがあります。

 

 

テーピング等に頼らなくてもいい膝を目指すことが大事です。

 

 

当院では、膝の痛みを取り除く際に必要となる関節の運動と筋肉のストレッチを行なっております。

 

 

原因不明な膝の症状は、姫路市まつざき整体院にご相談ください。

 

 

 

お問い合わせはこちら、

079-240-9803

 

JR溝口駅のすぐ目の前です。

 

神崎郡福崎町、加西市、高砂市にお住いの方にも幅広くお越しいただいております。