【骨盤矯正ができない産後1か月】腰痛を改善するためにできること|姫路市香寺町まつざき整体院

IMG_0036-e1511140013180
<はじめに> 

 いつもありがとうございます。兵庫県姫路市香寺町(JR溝口駅徒歩1分)にあります根本改善まつざき整体院の院長松崎です。
腰痛・肩こり・膝痛の症状なく存分に動ける身体つくりをサポートします。
骨盤矯正や筋肉のストレッチをパーソナルで行い、痛みの改善だけではなく、O脚や猫背などの姿勢の改善や、反り腰や骨盤の開きなどの骨盤の歪みを改善を行います。
簡単に言うと『痛みを改善するだけではなく、痛みなく動ける体を作りましょう』ということです。



今回は、『【骨盤矯正ができない産後1か月】腰痛を改善するためにできること』について


産後の1か月間は、出産の疲労と骨盤の状態を安定させるために期間です。産後の骨盤矯正は、出産から1か月が過ぎたあたりから行うことが可能です。ただ、それまでに腰痛や股関節痛などの痛みがある場合に、根本改善まつざき整体院でできる事をご紹介します。しっかりと育児できる体を作りましょう。



【骨盤矯正ができない産後1か月】腰痛を改善するためにできる事

eeb8f90250af621615944d289cab584c-e1590990881214
 姫路市香寺町の根本改善まつざき整体院では、出産から1か月たつ頃から『産後骨盤矯正』を行えます。
しかし、妊娠期間中から腰痛があるお母さんも多いはずです。


その腰痛を、産後骨盤矯正ができるまでの1か月間は我慢しないといけないのか?


腰痛改善のためにできる事はあります。


その一つの方法として、当院では『ストレッチ』を取り入れています。

骨盤矯正は、関節に対する施術なので1か月間はできませんが、ストレッチは筋肉に対する施術なので産後すぐから可能です。

妊娠中は、お腹が大きくなったころから『がに股』になり、お腹も重たくなるので腰が丸くなります。
そのため、もともとは『反り腰』の女性の方は特に、慣れない姿勢から腰痛を生んでしまいます。


『姿勢が悪くなる=筋力の低下+柔軟性の低下+関節の可動域の低下』です。


妊娠中は、できない動作も多いため筋力の低下もあるかもしれません。
しかし、腰痛をかばうことなく動ける体を作れば、日常生活や育児に必要な筋肉は自然と備わってきます。


そのためにも、まずは動ける体作りのため、ストレッチで柔軟性を改善し腰痛を改善していきましょう。
1か月たてば、産後の骨盤矯正が行えます。

筋肉に柔軟性がある方が、骨盤の歪みも整いやすく、良い癖が付きやすいです。



産後の腰痛に悩んでいる方は、ぜひご相談ください。
d6024c4f975fa32542a08fc720454e0f-e1603172068437
≫産後骨盤矯正の詳しい記事はこちら


【筋肉の老化(問題)とは!?】
この2つです。
・筋肉の柔軟性の低下
・筋力の低下 

【筋肉の老化(問題)を解決するためには!?】
・筋肉の柔軟性の低下=ストレッチで柔軟性を高める
・筋力の低下=トレーニングで筋力を高める


筋肉の老化(問題)を解決し、『いくつになっても、自分の力で動ける体』を目指しましょう!!
可能です^^




お問い合わせはこちら、
姫路市香寺町溝口508-8(JR溝口駅徒歩1分)
079-240-9803
定休日:木曜・祝日
日曜日:9時~12時営業
駐車場4台完備

LINE@ID:@qyq1165v
Instagram:@matsuzaki.seitai
Facebook:まつざき整体院

YouTubeで動画配信しております。【まつざき整体院】で検索ください。是非、いいね!やチャンネル登録お願いします。



姫路市だけではなく、神崎郡市川町、福崎町、夢前町、高砂市など幅広い地域からご相談いただいております。お気軽にお問い合わせください。