椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、腰や股関節の異常を改善することで解消する【溝口駅徒歩1分.根本改善まつざき整体院】

いつもありがとうございます。兵庫県姫路市香寺町(JR溝口駅徒歩1分)にあります根本改善まつざき整体院です。
腰痛・肩こり・膝痛を繰り返し、湿布や薬でごまかしている方は、ぜひ参考にしてください。
そのような症状の原因を根本から改善することで、症状は繰り返さなくなります。
辛い症状を気にすることなく、存分に動ける体を目指しましょう。

スマートフォンでお調べの方は、このページの一番上にある根本改善まつざき整体院(営業日時や電話番号の上)をタップすることでホームページのトップに移動できます。まずは、このブログ記事を読んでいただき、気になることがございましたらホームページの記事もご活用ください。


g-04-01-e1580107009668

坐骨神経痛って椎間板ヘルニアってこと!?【姫路市香寺町まつざき整体院】


よくいただくご質問です。

「坐骨神経痛って、椎間板ヘルニアだからなるの?」
答えは「NO」です。
細かく言えば、それだけではありません。「坐骨神経痛=椎間板ヘルニア」ではありません。

坐骨神経痛は、症状の名前です。
鼻水とかと一緒です。風邪による鼻水、花粉症による鼻水。いろんな鼻水がありますよね?

坐骨神経痛も、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛、骨盤周りの筋肉が硬くなることでの坐骨神経痛など様々。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛もありますが、坐骨神経痛があるから椎間板ヘルニア確定ではありません。
IMG_1120-e1518236567737

坐骨神経痛って何でなるの?【姫路市香寺町まつざき整体院】


坐骨神経痛も症状です。
症状があるということは、必ず体に異常があります。

原因は、腰や骨盤、股関節に問題があることです。
細かい原因には個人差があります。施術の際に説明します。


しかし、坐骨神経痛の原因を一言でいいますと・・・
「長期間の我慢のしすぎ」です。
痺れる等の神経症状は、慢性期間が長くなるほど症状となって現れやすくなります。
腰が痛くなってから、しばらくたって脚が痺れるということが多くの流れです。

坐骨神経痛の原因は「神経が圧迫されて」と言われていますが、神経が圧迫されることにも原因があります。
eeb8f90250af621615944d289cab584c-e1590990881214
腰や股関節の異常とは?

まつざき整体院では、「関節」「筋肉」「神経」のから症状改善を目指しますが、初めは、筋肉と関節から見ていきます。
神経の異常を改善するには、関節と筋肉の異常を改善しないといけないからです。先ほども言いましたが、神経痛は後から来ます。それまでに、関節や筋肉には異常があります。

筋肉の異常とは、「硬くなる」と「弱くなる」の二つです。
硬くなった筋肉にはストレッチを、弱くなった筋肉にはトレーニングをして改善しなければなりません。

関節の異常とは、「関節の動く幅が狭くなる」ということです。
膝や肘で例えると、しっかり曲がるか、しっかり伸びるかということです。

筋肉がだんだん硬く弱くなり、関節の動く幅が狭くなることで、姿勢が悪くなります。
椎間板ヘルニアは、腰が丸くなり「反りにくい状態になってしまうこと」が原因ですので、反れる腰を作れば、坐骨神経痛に悩むこともなくなります。
g-05-01-e1556005778500
~さいごに~

全ての症状には、原因があります。
どこも悪くないのに、症状が現れることはありません。痛みを薬などで抑えるのも手段ですが、思い切り動ける体を根本から作っていきましょう。
「椎間板ヘルニア=手術」でもありません。
改善したい、でも手術はしたくないという方は、一度ご相談ください。