姫路で産後骨盤矯正といえば根本改善まつざき整体院(腰痛編)

こんにちは。姫路市香寺町(JR溝口駅徒歩1分)にあります根本改善まつざき整体院です。腰痛・肩こり・膝痛・姿勢矯正・骨盤矯正に強い根本改善型の整体院です。


今回は、「症状がある場合の産後骨盤矯正」についてです。


産後骨盤矯正を受けに来られる患者様に多い4パターンをご紹介いたします。
1.腰痛や股関節に症状がある
2.産後の体型が気になる
3.症状や体型は気にならないけど、骨盤の開きが気になる
4.症状も体型も骨盤の状態も気になる


理論上はあまり変わらないですが、説明の内容には当然ながら差があるので、今回は「症状ありの状態について」説明していきます。
IMG_1105-3-e1510565577518

妊娠中の腰痛は何が原因!?



妊娠中の腰痛にも様々な原因が考えられます。一番のベストは、妊娠前に骨盤や体の状態を改善しておくことです。しかし、いつ妊娠するか分からない場合もありますよね?まずは、妊娠中に腰痛に悩まされている方に向けて説明いたしますので参考にしてください。

妊娠中の腰痛になる原因は、
・うつ伏せなどのできない動作が増えることから起こる、姿勢の歪み
・姿勢が崩れてくることから起こる、筋力の低下・柔軟性の低下
・出産の準備時に骨盤が広がる際に起こる腰痛
などがあります。

妊娠中でも骨盤矯正を行う院もあるかもしれませんが、当院では行っていません。
関節に原因がある場合、関節に対する治療を行うことが当然必要です。

妊娠中の腰痛に対しては、上半身の姿勢矯正と腰周りの筋肉に対して施術を行っていきます。

お腹が大きくなってくると、背中が丸くなってしまったり、がに股気味に足を広げて歩いてしまいます。
このようなことから、姿勢が崩れてしまいます。

では、どのようにすればいいのかを考えていきましょう。
IMG_1110-e1511147857184

妊娠中の腰痛には姿勢矯正が必要


先ほども述べましたが、妊娠中に骨盤矯正は行っていません。
骨盤も出産のために徐々に広がってくるからです。広がってしまった骨盤は、産後骨盤矯正で改善しましょう。

妊娠中は、姿勢が崩れてしまいます。
姿勢が崩れてくる原因は、「筋肉の柔軟性が低下+筋力の低下」が原因です。
特に柔軟性が姿勢には大きく関係しています。

「体が硬いという表現をしますよね?」
筋肉が硬くなっているということは、なんとなくイメージができると思いますが、実際に筋肉はどのようになっているのでしょう。
筋肉の柔軟性が衰えてくると、筋肉は短縮してきます。つまり、筋肉の幅が狭くなるということです。筋肉は必ず関節をまたいでいるので、筋肉が硬くなると関節が曲がってきてしまいます。
このように姿勢は崩れてきます。
悪い姿勢の状態で筋肉のトレーニングを行うとケガにもつながってしまいますし、あまり効果が表れません。

しかも、姿勢が崩れてくると体の可動域は狭くなります。
膝を曲げて歩いている方は、足が上がっていませんよね?
可動域が狭くなるということは、歩行などの運動時に筋肉を使えていないということです。

筋肉が弱ってくると踏ん張る力が弱くなり、出産時に悪影響を与えてしまいます。

妊娠中にある程度、筋肉が衰えるのは仕方がありません。
ただ、なるべく衰えないようにすることが必要です。

妊娠中にできる、筋肉に対する施術を行っておくと産後骨盤矯正がスムーズに行えます。

続いては、産後骨盤矯正について説明いたします。
カウンセリング

産後骨盤矯正で腰痛を根本改善


これからは、出産してからの腰痛に対する説明をいたします。

「産後は、骨盤を締めなさい」とよく聞いますよね?
赤ちゃんが出てくる場所を、恥骨結合(ちこつけつごう)といいます。
そこが開いてしまうので、妊娠前の状態に戻さないといけません。

骨盤(恥骨結合)が開いたままだとどうなるのか?
・太ももの内側にある筋肉(内転筋)が弱くなり、尿漏れの原因になる
・「骨盤が開いている=骨盤の異常」なので、骨盤はもちろん周りの股関節や腰にも悪影響を与えてしまう
・腰痛や股関節痛を生み出してしまう

股関節の変形や股関節の症状を訴える方のほとんどは、女性です。

たまに、「二人目を作るつもりなんだけど、骨盤矯正をした方がいいの?」と質問されます。
答えは、もちろん「はい」です。

「一人目の時は痛くなかったけど、二人目の時は痛かった」というお声もよく聞きます。

産後骨盤矯正は、開いた骨盤をただ締めるだけではございません。

骨盤の歪みには、様々な歪み方があります。
開いてしまった骨盤を締めるためには、他の歪みも改善しなければなりません。

女性の方に多く見られる「そり腰」なども骨盤の歪みから起こります。

骨盤矯正は、バキボキと音のなる負担が大きいことは致しませんので安心して下さい。

自宅ではこのようなトレーニングやストレッチをしてください。
これをしたからといって、骨盤矯正になるわけではございません。
IMG_1901-e1511312503311
・大腿四頭筋(太ももの前方)のストレッチ
O脚やそり腰にも関係しています。

1.伸ばしたい方の足を上にして寝ころびます
2.股関節を曲げて足首を持ちます
3.手で足を引っ張るのではなく、膝を伸ばします

左右、30秒ずつ行ってください。
IMG_1911-e1511312208308
・内転筋(太ももの内側)のトレーニング
開いた骨盤を閉じるときに必要な筋肉でO脚にも関係しています。

1.仰向け寝ころんで、膝を曲げます
2.柔らかいボールなどを挟み5秒かけてつぶします
3.つぶした状態で5秒キープします
4.5秒くらいかけて元に戻します

1日1セット7回行ってください。
IMG_2099-e1504502701390
<患者様アンケート>

・ご利用いただいた理由
産後の骨盤矯正

・ご利用いただいた感想
出産してしばらくたってから激しい腰の痛みに悩まされました。
赤ちゃんも抱っこできるようになり大満足です。
IMG_0036-e1511140013180
出産すると育児に時間を使うので、お母さんは自分に時間を使えないですよね。
「産後骨盤矯正を受ける時間がない」という声も多く聞かれます。24時間お子さんを育てる責任がお母さん一人にかかっているので、身体も精神的にも疲れてしまうと思います。お子さんはどんどん大きくなっていきます。お母さんの体の負担も大きくなっていきます。症状の早期改善を目指して、できることは全力でサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。


お問い合わせはこちら、

お問い合わせはこちら、
姫路市香寺町溝口508-8(JR溝口駅徒歩1分)
079-240-9803
定休日:木曜・祝日
日曜日:9時~12時営業
駐車場4台完備


姫路市だけではなく、神崎郡市川町、福崎町、夢前町、高砂市など幅広い地域からご相談いただいております。お気軽にお問い合わせください。