姿勢の良い人、悪い人の違いは見た目だけでなく○○も【根本改善まつざき整体院】

こんにちは。姫路市香寺町(JR溝口駅徒歩1分)にあります根本改善まつざき整体院です。腰痛・肩こり・膝痛・姿勢矯正・骨盤矯正に強い根本改善型の整体院です。


今回は『姿勢の良い人、悪い人の違いについて』説明していきたいと思います。


姿勢が悪いことを気にして、相談に来られる方は大きく分けて二つパターンがあります。
一つは、デスクワークで肩こりが酷く、姿勢が気になる。
長時間、同じ姿勢で仕事することが多く、肩こりなどの症状がある場合です。

もう一つは、症状は無いけど見た目が気になる。
夏場になると、薄着になりO脚や猫背が気になる場合です。

症状がない場合でも、姿勢が悪くなってからの期間が長くなると症状が現れてきます。

見た目だけではなく、姿勢が悪くなることで体には他にも悪い影響があります。
それは何か説明していきましょう。
IMG_07141854-e1554794720694

姿勢が悪くなるというのは、見た目だけの問題ではない【根本改善まつざき整体院】


姿勢が悪くなる・・・
・膝が曲がってO脚になる
・背中が丸くなって猫背になる

特に若い方から、このようなお悩みをいただきます。

そもそも、『姿勢が悪くなる理由』は何か?
・骨盤の歪みなどの関節異常
・筋力低下
・筋肉の柔軟性の低下

この3つが主な原因です。

姿勢が悪くなると、体の可動域が低下します。
つまりは、「体が動きにくくなる」ということです。

体が動きにくくなると・・・
・太りやすくなる(カロリーの消費がしにくくなるため)
・スポーツのパフォーマンスが低下
・ケガ(捻挫・肉離れ・ぎっくり腰)をしやすくなる

このようなことが考えられます。
もちろん、体の異常が慢性化すると、慢性的な腰痛や肩こりなどの症状が現れます。
IMG_07131853-e1554794700606

姿勢を改善して、最大限に動ける体を【根本改善まつざき整体院】


膝が曲がっている状態では、すり足で歩いていますよね?
腰が丸くなっている状態では、後ろに反りにくくなります。

このようなことが、可動域の低下です。
『姿勢が悪くなると、可動域が狭くなる』ということは、『可動域を最大限広くすると、姿勢は良くなる』ということが言えます。

最大限に動く状態を当たり前にしておくと、無意識のうちに体を使えている状態になります。

日常生活に必要な筋肉は、日常生活をおこなっていると勝手についてきます。
この条件に必要なことが、『最大限に動ける体』です。

姿勢は、「見た目だけの問題でない」ということを覚えておいてください。
症状が現れたときには、姿勢の悪さが慢性化してしまっています。

早期改善をするためには、早期発見が必要です。
皆さんも、良い姿勢と最大限に動ける体を目指しましょう!



お問い合わせはこちら、
姫路市香寺町溝口508-8(JR溝口駅徒歩1分)
079-240-9803
定休日:木曜・祝日
日曜日:9時~12時営業
駐車場4台完備
LINE@ID:@qyq1165v


姫路市だけではなく、神崎郡市川町、福崎町、夢前町、高砂市など幅広い地域からご相談いただいております。お気軽にお問い合わせください。