姫路市や福崎町で野球肩や野球肘に悩んでいる人は根本改善まつざき整体院へ

姫路市や福崎町で野球肩や野球肘にお悩みの方は、根本改善まつざき整体院へご相談ください。

ここでは、根本改善まつざき整体院が行う、野球肩や野球肘について説明いたします。
今、野球肩や野球肘でやなんでいる方は、どのような治療をおこなっていますか?

多いお答えは・・・?
・野球の練習を休んで、安静にしている
・湿布や痛み止めの薬を使っている
・電気やマッサージで痛みの緩和をしている

このような方が多いと思います。

野球肩や野球肘にも原因があります。
単なる使い過ぎであれば、安静・痛み止め・マッサージなどで改善できるかもしれません。
しかし、『何度も繰り返している』『安静にしていても改善されない』という場合は、単なる使い過ぎではないです。

野球を存分にプレーしても、肩や肘に症状の出ない体を作りましょう。
IMG_1117-e1518236426664

姫路市や福崎町で『野球肩』や『野球肘』にお困りの方は根本改善まつざき整体院へ


野球などのスポーツをする上で、体を故障してしまった場合によく出される診断があります。
「使いすぎ。練習を休んで安静にしなさい」

とても多い事例だと思います。
でも、そう伝えられた患者様は「いつまで?」「全く練習したらダメなの?」と不安になりますよね?
捻挫などの炎症がある場合は、2週間で『腫れ・熱・内出血・圧痛(押しての痛み)』などが無くなってくるはずです。
その捻挫も、『練習をするたびに腫れてくる』『前まで、100球投げても大丈夫だったのに、今では50球も投げられない』などの場合は、肩や肘など体に問題があります。

繰り返しますが、安静にしていても改善されるのは、炎症だけです。

まずは、野球肩について根本改善まつざき整体院の考えを説明いたします。
IMG_1113-e1518236491511

姫路市や福崎町で『野球肩』にお困りの方は根本改善まつざき整体院へ


先ほども言いましたが、「野球でボールを投げすぎて肩が痛くなる」という場合でも、大事なのは「何球投げたから肩が痛くなったではなく、体の状態に問題はなかったか?」です。
例えば、普段20球も投げない人が150球を全力で投げることで、肩の痛みが現れることはごく自然なことかもしれません。
そのような場合は、150球を投げ切る体力と筋力が必要です。つまりは、練習あるのみということです。

では、実際にあった事例を元に野球肩を説明していきます。
野球肩で悩んでいる方の80%くらいは、肩甲骨に問題があります。
トレーニング後のストレッチを怠ることで、胸筋が硬くなり姿勢が崩れて肩に痛みがくることもあります。そのような人でも肩甲骨にも問題がある場合があります。
胸筋のストレッチと肩甲骨にある筋肉のストレッチが必要となります。

腰や骨盤にも問題がある場合もございます。
ボールを投げるときには、腰や骨盤、股関節も使っております。
骨盤や股関節が悪くなることで、体の連動が上手くできず、肩の力だけを使って投げることも肩を痛めてしまう原因にもなります。

まずは、肩に異常がないかを診断し異常があれば改善する。
ある程度、肩の状態が良くなり症状が無くなってくると、骨盤や股関節まで視野を広げる必要があります。
肩の状態が良くなれば、症状は消えてくれるかもしれません。しかし、骨盤や股関節の異常のせいで、肩の症状を繰り返してしまう可能性があるからです。

スポーツを頑張っている人は、特に症状がある部分だけではなく、異常のあるところを改善していく必要があります。
g-02-01-e1553503503124

姫路市や福崎町で『野球肘』にお困りの方は根本改善まつざき整体院へ


野球肘というものは、肘の内側に痛みが伴うことで診断されやすいです。
野球肘という診断は受けたけど、細かいところまでは分からない」という方が多いかと思います。

主には、上腕二頭筋や円回内筋の柔軟性の低下が原因になります。
上腕二頭筋は、肩から肘までの前方についている筋肉です。また、円回内筋は肘付近にある筋肉で手首に向けてついています。
その筋肉が硬くなることで、肘関節は曲がってしまいます。
曲がってしまった肘に、強い負担を与えながら伸ばすことで野球肘になる可能性が高まります。

普段から、しっかりと伸びきる肘を作っていくことで野球肘になるリスクは、格段に減らせます。
先ほどの肩と同じで、肘が悪くなることで手首の症状も現れることがございます。

「続けてきた練習を休めない」「監督やコーチに肘が痛いことを言えず我慢している」
学生ほど、このような相談が増えます。

当院では、炎症がない限りは基本的に練習を続けながら症状の改善を目指します。
肉離れや捻挫の疑いがあれば、『安静+アイシング』が必要となります。
それがなければ、安静にしていても疲れが取れるだけで、根本にある原因は改善されません。

もちろん、目標は全力でプレーできる状態にするということです。
練習しながら、できない動作を見つけていただき『できない動作をできるようにする』ということを繰り返し行います。


極力、練習を休まずに肩や肘の状態を完璧にしていきましょう。


お問い合わせはこちら、
姫路市香寺町溝口508-8(JR溝口駅徒歩1分)
079-240-9803
定休日:木曜・祝日
日曜日:9時~12時営業
駐車場4台完備
LINE@ID:@qyq1165v


姫路市だけではなく、神崎郡市川町、福崎町、夢前町、高砂市など幅広い地域からご相談いただいております。お気軽にお問い合わせください。