手首の腱鞘炎でお困っている人の共通点とは?|姫路市根本改善まつざき整体院

こんにちは。姫路市香寺町(JR溝口駅徒歩1分)にあります根本改善まつざき整体院です。腰痛・肩こり・膝痛・姿勢矯正・骨盤矯正に強い根本改善型の整体院です。


今回は、『手首の腱鞘炎』について。


手首の腱鞘炎は、『赤ちゃんを抱っこしていて、手首を痛めた』『仕事で、手首をよく使う』など言う方から、多くいただくご相談です。
手首の腱鞘炎は、『安静にしていたら治る』と思っていませんか?

実は、手首の腱鞘炎になる方に共通していることがあります。
それは、『手首以外に、肩や肘にも問題がある』ということです。


では、『手首の腱鞘炎を改善するためには?』について姫路市根本改善まつざき整体院の考えを説明いたしましょう。
flow_block04

手首の腱鞘炎を改善するためには、安静にしておけばいい?|姫路市根本改善まつざき整体院


手首の腱鞘炎は、使いすぎによって起こる症状」と思っていませんか?

確かに、手首の使いすぎによって腱鞘炎になります。
正確に言えば「肩や肘にも異常があることで、手首の負担が大きくなってしまっている」ということです。
普段の動作で、手首だけを使って、肘や肩は使わないことってありませんよね?


手首に炎症がありましたら、手首にテーピングを巻いて安静にすることが必要です。

~炎症がある状態とは?~
・肌の色に異常がある(青くあざができる)
・熱を持っている(触ると熱い)
・押すと痛みがある
・腫れている

必要がなければ、テーピングやサポーターには頼りすぎない方がいいです。
テーピングやサポーターは、筋肉の代わりをしてくれます。
筋肉も弱りますし、テーピングやサポーターを付けたまま手首を使うと、無理をすることができてしまいます。

手首をよく使うのであれば、使うときだけテーピングやサポーターに頼って、外す時間も作ると言ことが必要です。
外している時間の間に、症状が出る頻度や痛みの度合いを確認してください。
状態が悪化しているのか、普段から確認しておいてください。

姫路市根本改善まつざき整体院で治療を行う上での目標は、テーピングやサポーターに頼らなくてもいい手首を目指すということです。

では、姫路市根本改善まつざき整体院で行う、手首の腱鞘炎に対する治療法について説明いたしましょう。
根本治療で痛みの出ない身体を

姫路市根本改善まつざき整体院で行う腱鞘炎の治療法とは?



まず、手首に炎症があるのかを検査します。
炎症がなくても、腱鞘炎の場合は、いきなり手首の治療を積極的に行うことは致しません。
手首は、できる限りでなるべく余分な負担がかからないように、関節の動きと周りの筋肉のストレッチを行います。


では、手首の治療以上に優先的に行うことはといいますと・・・


それは『肩の治療と肘の治療』です。


先ほども述べた通り、「手首の腱鞘炎は、ただ単に手首の使いすぎと言うより、手首が肩や肘の仕事も負担してしまっていることでの使いすぎ」ということの方が多いです。

手首の治療をおこなっても、肩や肘の異常を見逃していると、腱鞘炎は改善されません。

手首や肘にある筋肉の方が、手首にある筋肉より大きいです。
小さい筋肉が大きい筋肉の負担をしていると、『使いすぎ』になりますよね。


ここでまた、「なぜ、手首じゃなくて、肩と肘の治療なん?」と思われるかもしれません。
先ほどは簡単に説明いたしましたが、ここでは姫路市根本改善まつざき整体院の治療理論に基づいて説明いたしましょう。

日常生活やスポーツ競技の中で、手首だけを使う動作はありません。
肩や肘も連携して動いています。

姫路市根本改善まつざき整体院は、症状を改善する治療方針として「症状のある部分だけを診ていくのではなく、動作時に症状と連動して動いている部分にも異常がないか検査し、異常がある部位の治療を行う」と考えております。

手首に症状があるからと言って、手首だけに原因があるとは限りません。


手首だけ治療をおこなっていても、症状は改善されるかもしれません。
しかし、腱鞘炎の原因となっている部分の改善をしないと、症状は繰り返してしまいます。

手首の痛みが改善されても、動きが改善されていなければ、治っているうちにはなりません。
重たいものやスポーツで、手首を使っても痛くない状態を目指しましょう。
IMG_1263-e1531115101266

手首の腱鞘炎予防ストレッチ|姫路市根本改善まつざき整体院


前腕部分にあります。
『円回内筋』という筋肉のストレッチです。

91E591DA8El93AA8BD891E591DA8El931545-e1531120369579
写真は、左手の画像です。

ストレッチは簡単です。
・ストレッチする方の腕を伸ばし、肘が曲がらないようにします。
・手のひらが上を向くようにし、指の付け根を反対の手で自分の方に曲げていきます。
・伸ばされているところでキープし、小指の方に5度ほど傾けます。

30秒以上キープしてください。

さいごに。

腱鞘炎は、テーピングやサポーターで固定し、安静にし続てても完治は致しません。
「仕事で手首をよく使う」「スポーツで手首をよく使う」などの場合は、仕事やスポーツを辞めても完治いたしません。

手首に腱鞘炎があり、症状があっても手首以外にも原因がある可能性が高いです。
どこに行っても改善できない腱鞘炎は、姫路市根本改善まつざき整体院にご相談ください。



お問い合わせはこちら、
姫路市香寺町溝口508-8(JR溝口駅徒歩1分)
079-240-9803
定休日:木曜・祝日
日曜日:9時~12時営業
駐車場4台完備


姫路市だけではなく、神崎郡市川町、福崎町、夢前町、高砂市など幅広い地域からご相談いただいております。お気軽にお問い合わせください。