福崎で椎間板ヘルニアにお困りな方からのご相談|姫路市根本改善まつざき整体院

こんにちは。姫路市香寺町(JR溝口駅徒歩1分)にあります根本改善まつざき整体院です。腰痛・肩こり・膝痛・姿勢矯正・骨盤矯正に強い根本改善型の整体院です。

今回は、『椎間板ヘルニアについて』説明いたします。

福崎町の患者様からいただいたご相談です。
「レントゲンやMRIを撮って、椎間板ヘルニアといわれた。痛みが強くなるようだったら手術が必要と、福崎にある整形外科の先生から説明があった。仕事もまだまだ続けないといけないし、手術はしたくない。」というお悩みでした。

姫路市香寺町にある根本改善まつざき整体院の考えを説明いたしますので、福崎にお住いの方はもちろん『椎間板ヘルニア』でお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

IMG_0238-e1518236847778

福崎町から来られた椎間板ヘルニア事例|姫路市まつざき整体院


先ほど、ご相談いただいた方の続きです。
*写真の方は別人です。

更に、カウンセリングを続けていくと・・・
腰痛が出だしてからは10年以上にもなる
椎間板ヘルニアと最初に診断を受けたのは、約6、7年前
腰痛や坐骨神経痛は、出たりでなかったりを繰り返している(今回が特にひどい)
コルセットは常に巻いている
腰痛や坐骨神経痛がある時は薬を飲み、激痛の場合はブロック注射を打ってもらう
ということです。

『椎間板ヘルニアで悩んでいる方や、近くに悩んでいる方がいる』という方たちが、このブログを読んでくださっていると思います。
本当に椎間板ヘルニアによる腰痛なのか?手術が必要なのか?ということを考えていきましょう。

姫路市まつざき整体院なりの考えを是非参考にしてください。
he014-e1523694955553
そもそも、椎間板ヘルニアはどういった状態にあるのか?
『ヘルニア=飛び出る』という意味です。
写真の赤丸のように、『軟骨から飛び出て神経に当たると痺れる』と言われています。

皆さんは、どう思いますか?
神経に触れると痺れる、ということですが神経は常に触れています。
筋肉の下に神経は走っているのですが、空洞に神経が走っている訳ではありません。

MRIでヘルニアがあるということが確認出来たら、椎間板ヘルニアで間違いはないと思います。
しかし、坐骨神経痛や腰痛の症状が椎間板ヘルニアによるものかというと、違う可能性も考えられます。

腰が痛くて、MRI を撮った場合は高い確率で「椎間板ヘルニアになっている」や「椎間板ヘルニアになりかけている」などといわれます。
「足が痺れて腰が痛い」と伝えるとなおさらです。

ヘルニアは、出たり戻ったりということはしません。
一度出ると、治療をしない限りヘルニアは出たままです。
つまり、椎間板ヘルニアによる腰痛や坐骨神経痛が一度出てしまうと、症状は出っぱなしという状態になるはずです。

福崎から来ていただいた、椎間板ヘルニアの患者様も『症状が出たり出なかったりを繰り返している』ということでした。

ヘルニアがあっても症状が出なことも多々あります。
「それは何故なのか?」ということをこれから伝えていきます。
IMG_0777762-e1504334137978

椎間板ヘルニアになっていても腰痛に悩まされない人の特徴は?


多くの人が、MRIを撮ったら椎間板ヘルニアになっています。
腰痛に悩まされていない方もです。

なぜ、椎間板ヘルニアになっていても腰痛や坐骨神経痛が出ないのか?
この議題を述べるにあたって重要になることは、『なぜ椎間板ヘルニアになるのか?』ということです。

椎間板ヘルニアになっていると言われた方は、なぜヘルニアになるのかご存知でしょうか?
簡単に言えば、『姿勢の崩れ』です。
人間の背骨は、S字になっています。そのS字が無くなってくると、椎間板ヘルニアになります。
上の写真のBeforeの腰が、Afterの腰より反れていないことが分かると思います。
『S字の反りが無くなる=反れなくなる』です。
つまり、反れなくなると椎間板ヘルニアになります。

姫路市まつざき整体院では、反れる腰を作っていきます。
腰が反れるようになってくると、腰痛や坐骨神経痛などの症状は無くなってきます。


話が少しそれますが、『坐骨神経痛=椎間板ヘルニア』と思っていませんか?
坐骨神経痛は『症状』です。
風邪を引いたときの『鼻水』と同じです。鼻水は風邪だけでなく、花粉症でもなりますよね?
それと同じです。

姫路市まつざき整体院が、椎間板ヘルニアの手術をあまり賛成しない理由を説明いたします。
「椎間板ヘルニアの手術を行ったけど、またヘルニアになった」という話を聴いたことはありませんか?
椎間板ヘルニアの手術は、『ヘルニアを取り除く』というものです。
原因となっている姿勢の崩れは、手術では改善されません。だから繰り返します。

「椎間板ヘルニアの手術をしたけど、坐骨神経痛や腰痛は改善されなかった」という話を聴いたことはありませんか?
『腰痛や坐骨神経痛が、椎間板ヘルニアによるものではなかった』という可能性が高まります。
坐骨神経痛は、『骨盤の歪み』や『骨盤周りにある筋肉が硬くなる』という状態からでも起こりえます。

このような理由で、姫路市まつざき整体院は椎間板ヘルニアの手術をあまり賛成しないです。
したらダメというわけではないです。いくら小さい傷であれ、体にメスを入れるのは最終手段だと考えています。
IMG_1120-e1518236567737

椎間板ヘルニアの場合、姫路市まつざき整体院では?


姫路市まつざき整体院の施術メニューは全て、『根本改善』を目標にしております。

全ての症状は、原因がないと現れません。
痛み止めや注射を使って症状を抑えるのではなく、症状の出ない体を作るということです。

先ほど、椎間板ヘルニアの場合は反れなくなるから、反れるようにすると話しました。
ただ反れるようにではなく、『正常に反れる』ということが重要です。

腰を反る動作は、大きくゆうと『筋肉』と『関節』で行っています。
ただ、腰だけで行っているわけではありません。
股関節・骨盤・腰・胸椎も関係しています。
そういったところの関節が、正常に動いてくれないといけません。
関節の異常=動きが悪くなる
筋肉の異常=硬くなる+弱くなる

それぞれの異常を、機械ではなく手で改善していきます。

椎間板ヘルニアといいましても、体の状態は皆さん同じというわけではありません。
その方の状態に合わせて治療いたします。
IMG_0077-e1511140572356
椎間板ヘルニアでご相談いただいた、福崎町の男性からご感想をいただきました。

・ご利用いただいた理由
腰痛
ヘルニア
手術が必要と言われた

・ご利用いただいた感想
足が痺れ、激しい腰痛に悩まされていた。3カ月程で状態が良くなり改善できて満足です。

*個人の感想です。
坐骨神経痛などの神経症状は、体の状態が悪くなってからの期間が長くなりすぎているサインでもあります。
足の痺れで悩んでいる方は、腰痛より足の痺れが先に出てきましたか?
おそらく、腰痛が先に来ていると思います。

神経症状を改善するには、慢性期間が長いためにある程度の期間が必要にはなってしまいます。
しかし、薬や注射に頼らなくても思い切り動ける体は作れます。
諦めずに治療を行いましょう。

お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら、
姫路市香寺町溝口508-8(JR溝口駅徒歩1分)
079-240-9803
定休日:木曜・祝日
日曜日:9時~12時営業
駐車場4台完備


姫路市だけではなく、神崎郡市川町、福崎町、夢前町、高砂市など幅広い地域からご相談いただいております。お気軽にお問い合わせください。