腰や手首の痛みに悩まされていた【患者様のお声】|姫路市まつざき整体院

こんにちは。姫路市香寺町(JR溝口駅徒歩1分)にあります根本改善まつざき整体院です。腰痛・肩こり・姿勢改善・骨盤矯正に強い根本改善型の整体院です。

今回は、「腰や手首の痛みに悩まされていた」という患者様から貴重なお声をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

腰痛と手首の痛みは、ともに症状が出てからは半年ほどたっていたとのことです。
腰には湿布を、手首には湿布と注射を打ってできるだけ安静にしていたとのことです。

IMG_1947-e1500356914748
患者様アンケート
52歳 女性

・ご利用いただいた理由
仕事で重たいものを持つことが多く、腰や手首の痛みに悩まされていました。
自宅が近かったので利用させていただきました。

・ご利用いただいた感想
若い先生でしたが、丁寧に身体を見て話も聞いて下さり、原因も分かりやすく説明してくれて他に色々通ってきましたが今までとは違った方法で施術して下さり痛みもだいぶ楽になりました。
口コミありがとうございます。

この方の状態と治療法をもう少し詳しく説明させていただきます。

「腱鞘炎=安静治療」というのはご存知の方も多いとはございますが、手首だけに異常があって腱鞘炎になる方は少ないです。

手首のほかに、肘や肩に問題があって手首の腱鞘炎になっている方がほとんどです。
つまり、手首以外に肘や肩の問題を見つけて改善することで、腱鞘炎は早期改善できます。

重たいものも持つときに、肩が大きな役割を果たさないといけないのに、肩に問題があるため肩の役割を手首がカバーすると腱鞘炎になりやすいです。
手首を安静にしているだけで、腱鞘炎は治まるかもしれませんが、肩やひじの状態を改善していなければ腱鞘炎を繰り返してしまいます。

「腱鞘炎を根本的に改善するためには、手首以外の方や肘の状態も改善する」
これがまず大事なことの一つ目です。

もう一つ重要なことは、手首や肩、肘の可動域を高めるということです。
肩や肘を改善するとありましたが、注射や痛み止めで改善するわけではありません。

「手首は現状より悪くならないようにしながら、肩や肘を最大限に動くようにする」ということです。

手首の可動域が狭くなってくると腱鞘炎になってしまいます。
肩が上がらな人が、上の物を動作を何回も行っていると痛くなってきますよね?

この二つのことを続けることで腱鞘炎は繰り返さなくなります。

どこに行っても改善されない方は、姫路市まつざき整体院にご相談ください。

お問い合わせはこちら、
姫路市香寺町溝口508-8(JR溝口駅徒歩1分)
079-240-9803
定休日:木曜・祝日
日曜日:9時~12時営業
駐車場4台完備


姫路市だけではなく、神崎郡市川町、福崎町、夢前町、高砂市など幅広い地域からご相談いただいております。お気軽にお問い合わせください。