野球肘と体のメンテナンスについて口コミをいただきました|姫路市まつざき整体院

こんにちは。姫路市香寺町(JR溝口駅徒歩1分)にあります根本改善まつざき整体院です。腰痛・肩こり・膝痛・姿勢矯正・骨盤矯正に強い根本改善型の整体院です。


今回は、野球をされている方から施術の感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

野球肘の原因や予防法などに加え、当院の治療法もご紹介いたします。

さっそく、いただいた感想です。

野球肘と体のメンテナンスの口コミ


IMG_0071-e1511140732184
26歳 男性

・ご利用いただいた理由
野球をしていて、体の状態が気になった。

・ご利用いただいた感想
昔、ひじをケガしました。ひじがのびにくいと感じていました。それも良くなると、球速が上がりました。

*個人の感想です。
根本治療で痛みの出ない身体を

姫路で野球肘を治すなら根本改善まつざき整体院


野球肘の治療で来られた方に、「今まで治療を受けてこられましたか?」と質問します。
その時に、「病院に行きました」という方の多くが、「スポーツの練習をやめて、安静にしなさいと言われた」とのことでした。


野球肘は、野球などの運動をしているからなるのではありません。
運動が原因なのであれば、安静にしていればいいですが原因は別にあります。

まずは、野球肘について細かく説明いたします。

人間の身体が運動を行うときに土台となっれいるのが、「関節」です。関節の異常とは「可動域の低下」です。
そして、関節に続いて動くのが「筋肉」です。
関節は筋肉の奥にありますので、関節が主体となって動きます。

そして筋肉には、「筋力より柔軟性が必要な筋肉」と「柔軟性より筋力が必要な筋肉」あります。
つまり、「トレーニングよりストレッチが必要な筋肉」と「ストレッチよりトレーニングが必要な筋肉」があるということです。

野球肘の原因は、筋肉の柔軟性が低下して起こることがほとんどですので、今回は「筋力より柔軟性が必要な筋肉」について説明していきます。

保育園や幼稚園の時は、体が柔らかい方がほとんどですよね?
それは、柔軟性が必要な筋肉に筋力が付いていないからです。
そして、柔軟性が必要な筋肉に筋力が付き、柔軟性が衰えると姿勢が崩れます。

「筋力より柔軟性が必要な筋肉」に筋力を付けたらダメ!!ということではありません。
筋力をつけるのであれば、ストレッチを行い柔軟性のある筋肉を維持しておかないといけません。

筋肉の柔軟性が低下するということは、筋肉の幅が短縮するということです。

筋肉の幅が短縮しても、骨の長さは変わりません。
しかし、関節が曲がってきます。肘ですと、伸びきらなくなってきます。

関節が曲がっている状態と筋肉が硬くなった状態でトレーニングをすると、必要以上の負担が肘にかかり野球肘になります。


つまり、野球肘を改善するためには安静ではなく、肘の関節と周りの筋肉の異常、必要に応じて肩や手首の異常も改善しないといけません。

どこに行っても改善されない野球肘や、何度も繰り返してしまう野球肘は、根本改善まつざき整体院にご相談ください。

根本改善まつざき整体院では、ストレッチと関節矯正を手技によって改善していきます。
野球やスポーツを思い切りしても痛くない状態を目指しましょう。


お問い合わせはこちら、

姫路市香寺町溝口508-8(JR溝口駅徒歩1分)
079-240-9803
定休日:木曜・祝日
日曜日:9時~12時営業
駐車場4台完備


姫路市だけではなく、神崎郡市川町、福崎町、夢前町、高砂市など幅広い地域からご相談いただいております。お気軽にお問い合わせください。